ササノハサラサラ フィギュアレビュー

サラサラとフィギュアレビューします

セガ『ガールズ&パンツァー プレミアムフィギュア ”西絹代”』【フィギュアレビュー】

f:id:yagorokun:20180804233129j:plain

今日レビューするフィギュアはセガ

ガールズ&パンツァー プレミアムフィギュア ”西絹代”』です!

劇中では知破単学園の隊長として登場しました。

 

知波単学園は千葉県習志野市にある設定の高校で、TV本編では全国大会一回戦で黒森峰高校に敗北した様子が1カットだけ描かれるだけでした。

 

黒森峰の強さを演出するためだけに登場した感のあった学校でしたが、劇場版では部長の彼女をはじめ多くの部員が顔出しで登場し、大活躍しています!

 

主力戦車は「九七式中戦車チハ」。

歩兵支援車両として設計されたため、戦車同士が対戦する戦車道では装甲、攻撃力ともに力不足な感がありますが、そこを様々な作戦で補っていました。

その活躍ぶりはぜひ劇場版で確認してみてください。

 

 

yagorokun.hatenablog.com

 

それではいつものように箱からどうぞ!

f:id:yagorokun:20180804233240j:plain

f:id:yagorokun:20180804233307j:plain

ブラウンの箱が渋い!紅葉の模様がいかにも和風な雰囲気ですね。

突撃大好きな知破単の隊長らしく筆で書いたかのような「吶喊」という文字が入っています。

 

 

 

箱から出して一周します。

f:id:yagorokun:20180804234554j:plain

f:id:yagorokun:20180804234628j:plain

f:id:yagorokun:20180804234713j:plain

f:id:yagorokun:20180804234755j:plain

f:id:yagorokun:20180804234840j:plain

f:id:yagorokun:20180804234936j:plain

f:id:yagorokun:20180804235031j:plain

f:id:yagorokun:20180804235057j:plain

f:id:yagorokun:20180804235144j:plain

f:id:yagorokun:20180804235213j:plain

f:id:yagorokun:20180804235235j:plain

f:id:yagorokun:20180804235320j:plain

片手を振り上げ部隊に指示を出しているのかような凛々しいポーズです。

戦車のキューポラに入れて飾りたくなります。

 

 

 

続いて顔のアップです。

f:id:yagorokun:20180804235837j:plain

f:id:yagorokun:20180804235902j:plain

f:id:yagorokun:20180805000050j:plain

使用している戦車の性質上、厳しい戦いが多いであろう知破単学園ですが

このフィギュアからはまるで練習中のような、明るい余裕を感じます。

造形はパッケージ写真と比べると少し丸くなったような感じがしますね(太って見えるという意味ではなく)。

 

 

 

続いて各部のアップです。

f:id:yagorokun:20180805001019j:plain

f:id:yagorokun:20180805001251j:plain

f:id:yagorokun:20180805001450j:plain

f:id:yagorokun:20180805001614j:plain

f:id:yagorokun:20180805001643j:plain

日本陸軍の戦車兵に似たパンツァージャケット姿です。

シンプルな塗り分けだからか塗装に特に悪い所はありません。

ベースはよくある黒い円形ですが、大きくプリントされた「吶喊」の文字がインパクト抜群です。

 

 

 

f:id:yagorokun:20180805002722j:plain

f:id:yagorokun:20180805002751j:plain

パンツはシンプルな感じです。

 

 

 

f:id:yagorokun:20180805002939j:plain

ものすごくブレてますが一応サイズ比較です。

 

 

 

f:id:yagorokun:20180805003202j:plain

以上!セガ

ガールズ&パンツァー プレミアムフィギュア ”西絹代”』でした!

 

絹代のフィギュアはプライズ、スケール、一番くじねんどろいどなどそこそこ出ていますが、デフォルメされていないものでサイズ・価格・入手難度のバランスが一番とれているのはこのプライズ版でしょう。

 

ただパッケージの写真を見て購入するとちょっと顔の印象に違和感を感じると思います。これはこれで別に悪くはないと思いますが、パッケージとは明らかに違います。

そのため実物を見てから購入されることをおススメします。

 

腕に覚えのある方は同じポーズのガレキがあるみたいなので、そちらに挑戦するのもいいかもしれないですね。

絹代は個人的に好きなキャラクターの一人なので、もうちょっと新しいフィギュアも出て欲しいです。

 

ではでは!

 

 

※9月7日追記 セガのマリーのレビューを書きました。

yagorokun.hatenablog.com