ササノハサラサラ フィギュアレビュー

サラサラとフィギュアレビューします

セガ『Project DIVA Arcade Future Tone スーパープレミアムフィギュア ”初音ミク-わがまま工場長”』【フィギュアレビュー】

f:id:yagorokun:20180810002309j:plain

 今回紹介するのは久しぶりの初音ミクのフィギュア、セガ

Project DIVA Arcade Future Tone スーパープレミアムフィギュア ”初音ミク-わがまま工場長”』です!

製品名に「Project DIVA Arcade Future Tone」が入ってるんだから、ゲーム内のモジュールのフィギュアなんですが、ついつい「わがまま工場長」という曲の動画があってそこに出てくる服装という勘違いをしてしまいます。

 

実際のところは『Sadistic.Music∞Factory』という曲をクリアすると入手できるようになるモジュールが「わがまま工場長」で、モジュールの名前もそこから採用されているようです。

 

それではいつものように箱からどうぞ!

f:id:yagorokun:20180809234016j:plain

f:id:yagorokun:20180809234047j:plain

ゲーム背景をイメージした黒い箱です。

なんか色が変ですが、撮った写真があまりにも暗くなってしまったためPC上で修正してあります。変になっちゃいましたが大まかな情報は伝わるかと。

 

 

 

箱から出して一周します。

f:id:yagorokun:20180809234613j:plain

f:id:yagorokun:20180809234640j:plain

f:id:yagorokun:20180809234703j:plain

f:id:yagorokun:20180809234737j:plain

f:id:yagorokun:20180809234803j:plain

f:id:yagorokun:20180809234829j:plain

f:id:yagorokun:20180809234850j:plain

f:id:yagorokun:20180809234936j:plain

f:id:yagorokun:20180809235009j:plain

f:id:yagorokun:20180809235054j:plain

f:id:yagorokun:20180809235122j:plain

f:id:yagorokun:20180809235149j:plain

手足の歯車が目を引くミクさん。

ゲーム内ではそれぞれの歯車が手足に接触しない位置で回転していました。

流石にそんな演出はフィギュアでは厳しいので、手足の先と歯車を正面からは死角になる位置で接続するようになっています。

 

 

顔のアップです。

f:id:yagorokun:20180809235557j:plain

f:id:yagorokun:20180809235633j:plain

f:id:yagorokun:20180809235706j:plain

このシリーズの例に漏れずキレイに仕上がっています。左頬には歯車のマークが。

ピクシブ百科事典の解説だと瞳が紅いことが書かれているんですが、このフィギュアの瞳の色はパープルです。

 

 

 

続いて各部のアップです。

f:id:yagorokun:20180810000438j:plain

f:id:yagorokun:20180810000644j:plain

f:id:yagorokun:20180810000717j:plain

f:id:yagorokun:20180810000809j:plain

f:id:yagorokun:20180810000841j:plain

髪の色と同じ緑のラインが黒い制服に映えます。

塗り分けがちょっと甘い気もしますが許容範囲でしょう。

わきの造形はあっさりです。

 

 

 

f:id:yagorokun:20180810001506j:plain

f:id:yagorokun:20180810001552j:plain

パンツ。ゲーム内通りの黒パンです。

 

 

 

f:id:yagorokun:20180810003544j:plain

ラストはサイズ比較です。セガから出ている他のミクのフィギュアと同じくらいのサイズです。

 

 

 

f:id:yagorokun:20180809235633j:plain

以上!セガ

Project DIVA Arcade Future Tone スーパープレミアムフィギュア ”初音ミク-わがまま工場長”』でした!

 

今回の記事を書くにあたって『Sadistic.Music∞Factory』を聞いてみたんですが、初音ミクらしい超早口と音声加工が特徴の曲で、面白かったです。

曲そのものはちょっとホラーな感じが入っていて、モジュールもそれを反映したような少し恐怖を感じるような作りになっているんですが、フィギュアはゲーム内のモジュールよりはカワイイ方向に振った仕上がりになってますね。

 

フィギュアでほんのり怖いみたいなのを表現しようとすると、思いっきりリアルに怖い

ものが出来上がってしまったりするので別にこれはこれで正解だと思います。

 

可愛く、美しくと思って作った時ですら、とんでもない邪神が生まれてしまうこともありますから・・・。(これはカワイイです。念のため。)

 

ではまた!