ササノハサラサラ フィギュアレビュー

サラサラとフィギュアレビューします

バンプレスト『Disney Characters Crystalux ~ALICE~』【フィギュアレビュー】

f:id:yagorokun:20180710225823j:plain

先週は雨、雨、雨でしたが今週は一転して晴れが続きますね。

雨で地盤が緩んでいるので防災的にはアリなんでしょうが、やっぱり暑いのはきついです。

 

フィギュア方面でいえば、古いものは傾き対策が甘いから飾ってたらどんどん傾いてきますし、収蔵品が多いところは害虫対策とかもありますよね。

そう考えると今の時期ってもしかして春先以上にコレクションを収斂するのに向いた時期なのかも。

 

いま整理して身軽になれば年末商戦もスペース気にせず戦えるよ!みんな!(笑)

 

さて、今日紹介するのはそんな時期にも癒される、不思議の国のアリスのフィギュアです。

バンプレストの『Disney Characters Crystalux ~ALICE~』をレビューします。

 

 

最初は箱です。

f:id:yagorokun:20180710225934j:plain

f:id:yagorokun:20180710225958j:plain

相変わらずお洒落な感じのパッケージです。

 

 

 

箱から出しました。そのまま一周します。

f:id:yagorokun:20180710230252j:plain

f:id:yagorokun:20180710230313j:plain

f:id:yagorokun:20180710230333j:plain

f:id:yagorokun:20180710230425j:plain

f:id:yagorokun:20180710230609j:plain

f:id:yagorokun:20180710230634j:plain

f:id:yagorokun:20180710230711j:plain

f:id:yagorokun:20180710230738j:plain

f:id:yagorokun:20180710230802j:plain

f:id:yagorokun:20180710230828j:plain

f:id:yagorokun:20180710230929j:plain

f:id:yagorokun:20180710231026j:plain

ちょこんと座ったポーズがカワイイですね。

手元には花輪を持っています。

 

 

 

顔のアップです。

f:id:yagorokun:20180710231417j:plain

f:id:yagorokun:20180710231607j:plain

f:id:yagorokun:20180710231632j:plain

自分はドールには手を出して無いんですが、ドールアイを使ったこのフィギュアの仕上がりにはドール好きな人も満足できるんじゃないかなと思います。

 

 

 

各部のアップです。

f:id:yagorokun:20180710232351j:plain

f:id:yagorokun:20180710232541j:plain

f:id:yagorokun:20180710232620j:plain

f:id:yagorokun:20180710232705j:plain

f:id:yagorokun:20180710232908j:plain

シンプルな服装ですが広がったスカートのしわが表情を加えています。

まとまりのある髪型や手元の花輪もそつなく仕上げられています。

 

 

 

f:id:yagorokun:20180710233714j:plain

f:id:yagorokun:20180710233743j:plain

スカートの中はドロワーズです。

2枚目の画像だとわかりやすいですが、接地面が少し平らになっています。

 

 

 

f:id:yagorokun:20180710234110j:plain

最後はサイズ比較です。

EXQ等と比べると少し小さめなサイズとなっています。

 

 

 

f:id:yagorokun:20180710234248j:plain

以上!バンプレスト

『Disney Characters Crystalux ~ALICE~』でした!

 

白雪姫、美女と野獣に続いて3番目に紹介したこのフィギュアですが、実はこちらがシリーズ第1弾です。

原作映画は1953年公開ですが、未だにファンイラストやグッズが作られたり、他作品でオマージュされたりしていて、長く愛されていますよね。そう考えると可愛さを追求したデザインの一つの到達点なのかもですね。

 

それではまた!